人気ブログランキング |
2014年 08月 05日
日本酒&ぶどう酒☆
b0242640_1452046.jpg

photo↑ ■鷹長/純米大吟醸 & 井筒ワイン/生ぶどう酒

現在東京でバリバリお仕事頑張っている友人。
20年前に英国で出会い・・大切な友☆
きき酒師でもある彼女から素敵なお酒を頂きました。
いつも貴重で素晴らしいセレクトをしてくれて
詳細を知るだけでも、わくわくさせて貰い楽しませてもらっています。

さぁ!今回は、どんなお料理と一緒に楽しもうかなぁ。

ちっち・・いつも本当にありがと☆


お酒好きの皆様へ。彼女からの説明をUPしておきますね^^ ↓下記





■「鷹長」純米大吟醸/無濾過原酒 油長酒造(奈良)
油長酒造は無濾過生原酒の「風の森」という銘柄が全国でも大変な人気。

日本酒の火入れについて・・・
通常のお酒は、しぼった後、2回火入れを行います。
(やり方は様々ですが、お湯につけるなどして生酒の温度を60度~65度まで熱し、それを冷やします)
生酒は、火入れを一切行いません。
よって、生酒はしぼりたての瑞々しい美味しさが味わえますが、そのかわり長くは保存できません。
火入れのお酒は長期保存出来て品質が安定していますが、
生酒程の鮮やかさがなく落ち着いた味わいになります。そして味が乗ってきて旨味が増していきます。
どちらがいいという訳ではなく、両方ともファンが多くいます。
そこで、火入れの仕方によって技量が分かれると言われています。
火入れが上手く、手をかけている蔵のお酒は極上の逸品となります。
「鷹長」は火入れが大変上手で鮮やかな美味しさが味わえます。両方の良いところを味わえるお酒なのです。

生酒の方の「風の森」はネットでいつでも購入できますが、
「鷹長」はネットではあまり買えず、奈良県内での販売が殆どです。

■井筒ワイン/生ぶどう酒・赤 (信州)
酸化防止剤や保存料、食品添加物を一切使用されておらず
無濾過で加熱殺菌されていない、ぶどうの香りそのままに楽しめる赤ワインです。

by maison-de-nao | 2014-08-05 00:42 | いただきもの | Comments(0)


<< 9月のお知らせメール☆      若返りデート☆ >>